2015/02/15

子供の合宿で妻がお父さん達に夜這いされた話

妻は巨乳です。
2人の子供を出産し2サイズUPのFカッ プ。
私的には、満足なサイズだった。
夏はVネックのミニTシャツを着るので、 胸は特に目立つ。
基本下は、ミニスカートやミニ短パンが多く、私好みの洋服が多い。
街を歩いていると、大体の男性は妻の胸を直視する。
初めは抵抗もありましたが、今ではその光景に興奮しています。
妻も満更ではない様で、胸元を強調する服装が多いような気がします。

私32歳、妻29歳、子供9歳・8歳

去年の春先に、2人の子供がサッカーのクラブに入団した。
初めて試合を見に行くと、大勢の親が応援に来ていた。
試合後半に上の子が、試合に出されぎこちない動きでボールを追っていた。
子供以上に興奮し、応援の声も大きくなっていた。
そんな時、ふと目線が気になった。
目線の先を確認するとお父さん達数人がこっちを見ていた。
実際には妻を見ていた。
興奮し、上下に動きながら応援する妻の胸は大きく揺らぎ、男達には目の保養だったに違いない。
”いつもの事”と気にせず子供を応援した。
試合も終わり、チームのテントに戻ると子供の所に行き、
「頑張ったな!」と声を掛けた。
他の親達も、子供の所で色々話しをしていたが、喫煙コーナーに居た数人のお父さん達はやはり妻の胸を見ていた。

チームの親達は、30代初めから40代初め位で、妻を見ていたお父さん達は40代に見えた。

そして、夏休みに入った頃、妻から合宿の話をされた。
妻「サッカーの合宿あるんだって!」
私「そうなんだ。何日?」
妻「2泊だって」
私「まぁいいんじゃないか?」
妻「でね!親も参加して欲しいって」
私「親も?」
妻「ヒロ君のお母さんに頼まれたの。1人淋しいからパパも行こう?」
私「俺もか?」
妻「いいでしょ?お願い」
私「仕方ないか?いいよ」

そんな事で、妻と一緒に合宿に参加する事になった。
昼間は、ボール拾いやパス相手をさせられ、お母さん達は、食事の担当だった。
夕方になり、宿舎に入ると妻が近寄ってきた。
妻「今日、泊まってくれって?」
私「俺達も泊まるのか?」
妻「みんな、用事があるみたいで、布団の準備や朝食の準備する人が必要みたい」
私「そうなのか?着る物は?」
妻「このままで、泊まるしかないかな?」
私「お前、スカートだし・・・いいのか?」
妻「今日は、急だから仕方ないか?」
そうして、私達は泊まる事になった。
子供達は、夕食を終え風呂に入ると9時には就寝した。
その日に、泊まる事になった親達はほとんどが男で、年配の方が多かった。
もちろん、いつも妻を見ているお父さん達もいた。
子供達が寝ると、親達は酒を出し始め飲み会が始まった。
男達は私達夫婦にも酒を注ぎ、
「飲みましょう!」隣に座った。
妻にも容赦なく酒を注ぎ、妻も私も酔っていた。
11時を過ぎ、
「そろそろ寝ますか?」
と言う声と共に、その部屋に布団を引き
「適当に寝て下さい」と言われた。
私達は、最後に残った中央部の布団に横になった。
妻の後ろには、いつも妻をガン見しているお父さんが陣取っていた。
電気が消され、薄暗くなると私も妻もウトウトと寝に入った。
1時間位して、何かの気配に私は目を覚ました。
妻は私の方に体を向け寝ていたが、タオルケットは完全にはだけていた。
そして、妻の後ろ側から微かな声が聞こえた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

続きを読む

2014/06/02

妻の寝取られている音声と写真が送られてきた

妻のかおりは29歳、子供1人の専業主婦だ。

152cm・46kgで背は小さい方だがB92・W62・H86とむちむちで、昔風に言えばトランジスタグラマーと言ったところか。
見た目も良い方だしバストを強調した服を好むので、一緒に歩くとスケベそうな男に必ずジロジロ見られる自慢の妻だ。

そんな妻が子供を幼稚園に送り出し、家事をしているであろう時間に私が仕事場から家にTELをしても留守な事が多くなってしばらく経ったころの出来事だ。

仕事場に頼んだ覚えの無い荷物が私宛に届いた。
昼休み空いている会議室でその荷物を空けてみるとボイスレコーダーと数十枚ポラロイド写真が入っていた。
写真に写っていたのは目線が黒く消された女性が後ろ手に縛られてフェラチオしている物・お尻のアップでオ○ンコにチ○ポが途中まで入っている物・中出ししたであろう精子がダラーッとオ○ンコから流れ出ている物などいわゆるハメ撮り写真だった。
もちろん、すぐにその写真の女性が妻である事は分かったがいったいどうゆう事なのか混乱してしまい、ただ一枚一枚写真を見ていた。

「もしかしたら合成か?だとしたらタチの悪い悪戯に過ぎない・・・
まさか妻がこんな・・・いや、でもこの身体つきは私の妻に間違い無い。」

写真を見ながら混乱した頭で考えていると、すでに昼休みも終わり外で声がしていた。
慌てて写真とボイスレコーダーを箱に戻し会議室から出るとバッタリ部長に出くわしてしまった。

「何をやってたんだ?昼休みはもう終わってるぞ!会議室空いてるよな?」
「はっ、はい!どうぞ。」

私は焦りと動揺でその後の仕事も手につかず、ただあのボイスレコーダーが気になっていた。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。